ネット輸出でお小遣い - 早期退職してAmazon輸出やってます -

50代で早期退職。会社に頼らず自分で稼ごう。米国のアマゾン等で実際に売れた物や様々な体験を書いていきます。

あなたのセラーアカウントに関する重要なお知らせ

妻と息子と3人でイオンに食事に行きました。

食事も終わりかけた時に、急に妻が神妙な顔になり、
「ちょっとお話があります」だって。



とうとう、この日が来たか!?



「実は、私・・・・」

なんだ、なんだ!

「海外旅行に行きたいの」



え~!



「一度でいいから、ドイツに行きたかったの、お友達と~♪」

その時の、驚きの様子を、息子が絵に描いてくれました。

⇒ (メルマガで公開

驚いた私は、魂が、抜けてます(笑)






さて、妻の突然の告知と言うのには、ビックリしましたが、

米Amazonからの、こんなメールもビックリしました。


────────────────────
「Important information about your seller account」
(あなたのセラーアカウントに関する重要なお知らせ)

────────────────────

このタイトルを見ただけで「アカウント停止か!?」と、
心臓が止まるかと思いました。


でも、内容は、嬉しいお知らせでした。


あなたのセラーアカウントは、現時点において、
ホリデーシーズンにおける"おもちゃ&ゲーム"の
出品ガイドラインに適合しています


という物でした。



まったく~、驚かさないで欲しいですよね。



ちなみに、「ホリデーシーズン」とは、
2017年11月17日~2018年1月5日の間です。

この期間は、以下の条件を満たした出品者のみが、
「おもちゃ&ゲーム」カテゴリの出品が許可されます。

──────────────────────
■ 出品ガイドライン

・2017年9月15日以前に、商品を売ったことがあること
 (おもちゃ&ゲーム以外でも可)

・2017年9月1日から10月31日の間に、25回以上の注文を出荷したことがあること
 (おもちゃ&ゲーム以外でも可)

・出荷前キャンセル率が、2017年10月1日から10月31日の間で、1.75%以下であること。

・出荷遅延率が、2017年10月1日から10月31日の間で、4%以下であること。

・注文不良率が、2017年11月1日時点で、1%以下であること。

ただし「FBA出品」の場合は、この条件を満たさなくても出品できます。

──────────────────────


10月に入ったら、ホリデーシーズン向けの
納品を始めないといけません。

ホリデーシーズンは、とにかく良く売れます。
おもちゃ&ゲーム以外でも、売れます。



FBA出品であれば、沢山仕入れても、
あっという間に完売してしまうでしょう。


でも、クレジットカードの支払いを考えると、
9月中に仕入れちゃうと、
10月末に引き落とされるので、
キャッシュフロー的に苦しくなります。


だから、10月に入ってから量を増やして、
仕入れることにします。


10月は忙しくなりそうです。




────────────────
■ 輸入・輸出ビジネスのブログ
────────────────

ここから、ご覧いただけます。

  ↓ ↓ ↓


輸入・輸出ビジネス ブログランキング




────────────────
■ メルマガはここから、登録できます。
────────────────

このブログの内容をメルマガでもお届けしています。

まぐまぐ ⇒ amazon輸出でお小遣い


────────────────

カートボックスが獲得できない

ちまたでは「低糖質ブーム」らしいです。

TVでも低糖質の食べ物やレストラン紹介を
良く目にします。

妻は「いよいよ私の時代!」と、
低糖質食品を買いあさってます。

「低糖質だから大丈夫~♪」と言って、
沢山食べています・・・。

何か勘違いしているようです。




さて、妻のダイエット方法は
コロコロ変わって困ったんもんですが、

Amazonの仕組みも、
コロコロと変更になる場合が良くあります。




最近「カートボックス(Buy-Box)が獲得できなくて
売り上げが減少した!
」という話題を耳にします。

私のチャットワークグループでも、
その話題になりました。



調べてみたら、セラーフォーラムでも
カートの取得率が下がった!
という書き込みがありました。

しかも、米国だけでなく、
日本のAmazonもです。



アルゴリズムが変更になったのか、
不具合なのかわかりませんが、
カートの取得状況が変わったのは確かです。



いままでは、FBA出品者が
カートを独占していた商品でも、
自己配送(無在庫出品)の出品者が
カートを取得出来るようになりました。


また、誰もカートを取得できずに、
「出品者からお求めいただけます」
となってしまった商品も多数あります。



でも、これで売り上げが激減したかというと、
私の場合は、そうでもないです。



カート価格(FBA最安値)より、
多少高い値段に設定していた商品も
売れるようになったからです。

「何で価格が高い私から買ったの?」と、
不思議になります。



なんだかんだ言ってますが、
「売れる時は売れる、売れない時は売れない」
という感じですね。



■ カートボックス獲得率の確認方法

(1) 全体のカートボックス獲得率

メニュー[価格](PRICING)
→ [価格設定ダッシュボード](View Pricing Dashboard)

Amazon Seller Centralで見る


(2) 個々のカートボックス獲得率

メニュー[レポート](REPORTS)
→ [ビジネスレポート](Business Reports)
→ [ASIN 別](By ASIN)
→[詳細ページ 売上・トラフィック](Detail Page Sales and Traffic)

Amazon Seller Centralで見る






────────────────
■ 輸入・輸出ビジネスのブログ
────────────────

ここから、ご覧いただけます。

  ↓ ↓ ↓


輸入・輸出ビジネス ブログランキング




────────────────
■ メルマガはここから、登録できます。
────────────────

このブログの内容をメルマガでもお届けしています。

まぐまぐ ⇒ amazon輸出でお小遣い


────────────────

セラセンの隠し機能を発見!

9月に入っても、肌寒い日が続いていますね。

まあ、妻からいつも(おやじギャグが)「寒い!」
と言われているので、慣れてますが。


あれ、オチが無いですね。
それでは、もうオチまいにしましょう。


こんな、しょーもないギャグばっかり言ってます。




さて、話し代わって、

米国Amazonのセラーセントラルの画面を、
何気にクリックしたら、

あら、まあ!

こんな画面が出てきました。


20170906_1.jpg



これは、在庫管理の画面で「SKU」をクリックしたら、
出てきたんです。

ここです。

20170906_2.jpg



どうやら、全員では無くて、
まだ見れない人もいるようです。



ちなみに、日本Amazonの画面では、
まだ未対応でした。

でも、いづれは対応するんでしょうね。



さて、この新機能ですが、売上の推移が、
過去「30日間」「6か月」「12か月」も見れます。

20170906_3.jpg



これで、自分の商品が、
過去にどれだけ売れているのかわかるので、
仕入れの数量の目安にも使えます。



あと、画面下には、「購入ボックス(%)」(Buy Box)も
表示されるので、出品価格が適正化どうかの、
判断材料になります。


FBA出品で、繰り返し売っている商品の管理には、
とても便利な機能ですね。



ではまた!



────────────────
■ 輸入・輸出ビジネスのブログ
────────────────

ここから、ご覧いただけます。

  ↓ ↓ ↓


輸入・輸出ビジネス ブログランキング




────────────────
■ メルマガはここから、登録できます。
────────────────

このブログの内容をメルマガでもお届けしています。

まぐまぐ ⇒ amazon輸出でお小遣い


────────────────


次のページ