ネット輸出でお小遣い - 早期退職してAmazon輸出やってます -

50代で早期退職。会社に頼らず自分で稼ごう。米国のアマゾン等で実際に売れた物や様々な体験を書いていきます。

あなたのパスワードが変更されました!

私の輸出のチャットワークで話題になっているんですけど、

昨日突然、米国セラーセントラルにログインできなくなり、

米Amazonから
「Your Amazon password has been changed」
(あなたのパスワードが変更されました)

というメールが来たそうです。



以下、英語メールの概要です
------------------------------------------
あなたのemailアドレスとパスワードが書き換えられました。

パソコンに悪意のあるソフトがインストールされた可能性があるので、ウイリス駆除してください。

パスワードをリセットするために、amazon.comのトップページからサイン・インしてください。
そこで「Forgot Your Password? (パスワードを忘れましたか?)」をクリックしてください。
あなたのメールアドレスに新しパスワードを送ります。

セキュルティ強化のために、2段階認証も設定してください。
-------------------------------------------


もし、このようなメールが来たら、慌てずに、
この米Amazonからのメールに沿って、
新しいパスワードを発行してもらえば良いです。



それにしても、勝手にパスワードが書き換えられるとか物騒ですね。

とにかく2段階認証は、設定しておいた方が良いですよ。





■ビューティーカテゴリが許可されました!


話し代わって、日本Amazonですが、
何気に「出品申請のステータス」を
確認してみました。

そしたら、何も申請していないのに
「ビューティー」が「許可済み」になってました!?

20170510_1.jpg


許可されたのは、昨日です。



不思議です・・・。



だって、本当は卸問屋からの請求書とか必要で、
カテゴリ許可は難しいはずなんです。


それが、何もしてないのに、
許可されるなんて??



まあ、良いか(笑)


これで、資生堂とか、出品できます♪




あなたも、許可されているかもしれませんよ!

一度、確認してみてください。

「商品登録」の「出品申請のステータス」で確認できます。



ではまた!



────────────────
■ 輸入・輸出ビジネスのブログ
────────────────

ここから、ご覧いただけます。

  ↓ ↓ ↓


輸入・輸出ビジネス ブログランキング




────────────────
■ メルマガはここから、登録できます。
────────────────

このブログの内容をメルマガでもお届けしています。

まぐまぐ ⇒ amazon輸出でお小遣い


────────────────

GW連休でも出荷します!

GWいかがお過ごしですか?

家族サービスしてますか?

もしかして、お仕事ですか?



まとまったお休みなので、
仕入れや、出品作業をしている人も多いと思います。

でも、連休は、DHLさんや、
転送会社さんは、お休みなんですね。



そんな中、スピアネットさんは、5月5日(金)も、
発送してくれるます。

明日(5月4日)、自宅から発送すれば、
間に合いそうです。



という事で、今日は納品の箱詰めをしてます。

私は、amiiboや、フィギュア、ぬいぐるみなど、
軽くて大きい物が多いです。

だから、160cmサイズの箱に入れて納品してます。

今日は、私が使っている、ダンボール箱と、
窒息防止シールを紹介します。



■ダンボール箱

輸出用の、丈夫な段ボール箱を購入しています。

今までは、ホームセンターの店舗で購入していたんですが、
ネットでも同等の丈夫な段ボールを見つけたので、
それを利用しています。


・大型段ボール箱 5枚
 1,844円(送料無料)

楽天市場⇒ これ


このダンボール箱は2重構造なので、
何も補強せずに、安心して使えます。



■ 窒息防止ワーニングシール

ぬいぐるみ等を、ビニールパックに入れた時に、
貼るシールです。

いままで、自分でプリンタで印刷していたんですが、
なんか、面倒になって、買った方が早いと思い、
Amazonで購入しました。


・法令対応の窒息防止ワーニングシール 500枚セット
 1,280円(送料無料)

Amazon⇒ これ




こんな感じに、貼って使います。

20170503_1.jpg


自作のシールより、だんぜん見栄えが良いです♪



そうそう、このAmazonの商品ページの
『この商品を買った人はこんな商品も買っています』
を見ると、面白いですよ。

たぶん、Amazon輸出用に買ったんだな~、
と思われる商品が、ずらーと、並んでいます。

私が実際に仕入れた商品もありました、汗



────────
■売れた物紹介
────────

米国Amazonで売れた物を紹介します。
FBA出品です。
(1ドル=112円)


これも、美少女フィギュになるのかな?
「ザ・日本」という感じです。

美しいですね~、
これなら、私も家に飾りたいです。


・仕入:12,800円
・売値:199.99ドル(22,399円)
・入金:162.41ドル(18,190円)
・利益:5,390円

この商品です。
⇒ (メルマガで公開




ではまた!



────────────────
■ 輸入・輸出ビジネスのブログ
────────────────

ここから、ご覧いただけます。

  ↓ ↓ ↓


輸入・輸出ビジネス ブログランキング




────────────────
■ メルマガはここから、登録できます。
────────────────

このブログの内容をメルマガでもお届けしています。

まぐまぐ ⇒ amazon輸出でお小遣い


────────────────

Amazon詐欺出品者が続出、あなたのアカウントが乗っ取られます!

妻は、よくダイエット器具を買います。

「座るだけで痩せる」
「腰に巻くだけで痩せる」
「寝るだけで痩せる」

・・・・

よく次から次へと、
考えつくものです。

おかげで、妻は、
ガリガリに痩せてしまいました・・・、



なんてことは、ありません。

むしろ、太ってきたような(笑)



さて、○○するだけで、痩せるなんて、
どうみても詐欺みたい商品に騙されるのなら、
まだ笑っていられますが、

Amazonの詐欺出品者は、深刻です。




■ アカウントが乗っ取られます!


ここ最近、Amazonの詐欺出品者が、
増えて来ましてね。

最初の頃は「新規出品者」が
異常に安い価格で出品していたので、
どーみても、詐欺でしょう!

とわかったのですが、

最近は、「評価がある出品者」でも、
怪しい出品者が出てきました。




どうやら、出品のアカウントが、乗っ取られて、
悪用されているようです。

怖いですね~




アカウントが乗っ取られないように、
2段階認証」の設定をしておきましょう。

日本Amazonも、米国Amazonも、
同じ手順で設定できます。




2段階認証とは、ログイン(サインイン)する時に、
IDとパスワードの入力の後に、
「コード」を入力しないとログインできないという
認証方法です。

「コード」は自分の携帯電話に、
送られてきます。




2段階認証の設定は、
「設定」の「ログイン設定」から行います。

20170426_2.jpg


「高度なセキュリティ設定」を編集して、
携帯番号と、予備の電話番号(自宅の電話でも可)を登録します。

携帯電話を持っていない人は、専用アプリをダウンロードして
使う事もできます。




電話番号を入力するときに、
先頭の「0」は不要です。

[Send code]をクリックすると、
携帯電話にショートメッセージが送られてくるので、
そこに書かれている番号(数字)を入力します。

20170426_3.jpg



ちなみに、自宅の電話に設定すると、
英語で電話がきますよ。

まあ、英語と言っても、
数字なので、聞き取れると思います。



これで設定完了です。



あとは、セラーセントラルにログインしようとすると、
2段階認証の画面が表示されます。

こんな画面です。

20170426_1.jpg



この画面が表示されると、自動的に、
携帯電話にショートメッセージが来るので、
それを入力すると、ログインできます。



この時に「このデバイスで再度コードを要求しないでください」に
チェックを入れておくと、それ以降は、2段階認証の画面はでません。

よく使う端末からログインする場合は
コードを入力しなくて良いよう設定できます。

それでも、アカウント設定の変更などの操作を行う場合は、
コードの入力が要求されるので、安心です。



ではまた!





────────────────
■ 輸入・輸出ビジネスのブログ
────────────────

ここから、ご覧いただけます。

  ↓ ↓ ↓


輸入・輸出ビジネス ブログランキング




────────────────
■ メルマガはここから、登録できます。
────────────────

このブログの内容をメルマガでもお届けしています。

まぐまぐ ⇒ amazon輸出でお小遣い


────────────────
次のページ