FC2ブログ

記事一覧

Amazon納品の三つの壁

さあ、ホリデーシーズンの始まりです。まずは、11月27日(金)は、ブラック・フライデーです。小売店が黒字になるから、ブラックらしいです。おー、そうすると、黒字の企業は、ブラック企業ですな。さてさて、何でも売れるホリデーシーズンですが、米国Amazonに「FBAに納品できないもの」もあります。実は、米国AmazonのFBAに商品を送るためには、「三つの壁」があるんですね。この壁を突破しないといけないんです。【第一の壁】航空...

続きを読む

包んでますか?

街は、もうクリスマス気分ですね。おもちゃ売り場も、クリスマスプレゼントのセールでにぎわってます。もちろん、米国もクリスマスシーズンに突入です。米FBAへの納品もピークです。さて、FBAに納品する時に、商品の包装で注意しないといけないことがあります。■ビニール袋に入れる時の注意おもちゃ、特に「ぬいぐるみ」等、箱に入っていない商品は、ビニール袋(OPP袋)に入れる必要があります。この場合、「窒息防止のシール」のシ...

続きを読む

メキシコからの請求

今月のクレジットカードの利用明細を見たら、謎の引き落としがありました。メキシコのお金(MXN)で、600ペソ、4,430円です。利用内容は、「AMAZON COM MX MEXICO DF」amazon.comのメキシコ(?)です。あ、そうそう、思い出しましたよ。以前、amazon.comからメールが来ていたんです。この「600ペソ」の引き落としは、amazon.comの手違いです。メキシコのマーケットプレイスと統合したときに、メキシコの月額出品料金を課金してしまった...

続きを読む

EMS料金15%OFFの米国FBA転送業者を使ってみた

EMS料金が15%OFFの「直箱.com」を使って、米国FBAに配送してみました。直箱.comは、スピアネットと同様に、日本郵便のEMSを使って送ります。このため、どちらも、次の経路で納品されます。 自宅 ⇒ 国内事業所 ⇒ 米国事業所 ⇒ 米国FBA途中を経由するので、DHLやUPSの直送サービスより遅いですが、重量料金なので、軽くて大きい荷物を安く送れるんです。実際に利用してみて、直箱.comとスピアネットを比較してみました。■配送ス...

続きを読む

FBA出品者が消えていた!?

今日、ちょっと気づいたのですが、米Amazonの、商品ページの出品者一覧から、FBA出品者が消えている商品がありました。私の出品もありません。ガーン!!そこで、思ったんです。もしかして、米Amazonの購入者としてのアカウントも登録してあるからかな?つまり、日本に出荷できるセラーだけが表示されて、日本に出荷できないセラー(FBA含む)が消されているのでは。そこで、自分の住所を米国(スピアネットの住所)にしてみたんです。...

続きを読む

米Amazonからのお知らせ

先週、米Amazonから出品者向けに2つのお知らせがありました。メールが来たわけではありません。Seller Centralのトップページの「Headlines」に記載されていたんです。1. Compliance Reminder: U.S. Import Requirements(米国の輸入要件)米国の輸入、つまり他国から米国Amazonに輸出するときの注意事項です。商品を米国FBAに輸出するとき、米国内にインポーター(IOR)が必要です。(インポーターとは、関税に関する手続きや、関税...

続きを読む

プロフィール

へらた

Author:へらた
日本の物を米国のamazon.comで売る「amazon輸出」。このブログでは、amazon輸出で売れたものや、様々な体験を書いています。

メルマガ登録

このブログの内容を
メルマガでお届けします
まぐまぐ⇒amazon輸出でお小遣い

日米Amazon価格差ツール

Amazon輸出リサーチツール
日米Amazonの価格差で検索可能
詳しくは ⇒ こちら

管理人へメール

名前:
メール:
件名:
本文: