FC2ブログ

記事一覧

米国FBAの納品手順(その1)

amazon米国FBAの納品手順を、動画シリーズで紹介したいと思います。

以下の順番で、複数回に分けて、紹介していきます。

■ Amazon 米国FBA 納品手順

 (1)箱詰め
 (2)準備(転送業者登録)
 (3)出品~FAB納品作業
 (4)発送


(1)箱詰め
まず、商品を仕入れます。
1箱に沢山詰めて送った方が割安になるので、
ある程度商品が溜まったら、1つの箱に収めます。

(2)準備(転送業者登録)
FBA転送業者として「スピアネット」を紹介します。
また、納品作業前に行うamazonの設定を説明します。

(3)出品~FAB納品作業
まず、商品を出品します。
その後に商品ラベルのバーコードや、米国内のUPSの配送ラベルの
印刷をします。

(4)発送
スピアネットの場合は、佐川急便の着払いで、
大阪センターに送ります。
その後、米国のセンターを経由して、米FBAに納品されます。
実際にかかった費用、日数を紹介します。


今回は『(1)箱詰め』です。

輸出担当のダンボー君が説明してくれます。
亀さんも友情出演してくれました。

『amazon輸出 米国FBA納品(1) 箱詰め』




────────
■ お便り紹介
────────
メールやブログ・コメントで頂いたお便りをご紹介します。

このブログ経由で「在宅ブルーオーシャン貿易」の
教材を購入していただき、amazon輸出を始めた方から
お便りです。

--------------------------
在宅ブルーオーシャン貿易は無在庫中心でしたが、
いい教材だと思いました。

時間的に自己発送は難しそうなので、
FBAオンリーでやっています。

一回目に送った商品からは、今現在6個売れました。
アマゾンについてから二日目にビギナーズラックで
2つ売れてFBA楽だなと思いました。

1回目は最初なんで120サイズで空きが
少しある感じで入れましたがやり方わかったので
2回目は160サイズで250個ほど商品つめこみました。

さらに3と4回目の商品を今10万円分ほど仕入れて
箱につめてます。FBAに反映した商品数が増えたら
もう少し売れるかもしれませんね。
--------------------------


お便りありがとうございました。

引き続き頑張ってくださいね。




────────────────────
■ いつもご覧頂き、ありがとうございます。
────────────────────
このブログが参考になったと思われましたら、
ぜひクリックをお願いします。

今日は、何位かな↓↓

輸入・輸出ビジネス ブログランキング


────────────────────
■ メルマガはここから、登録できます。
────────────────────
このブログの内容をメルマガでもお届けしています。

まぐまぐ ⇒ amazon輸出でお小遣い


コメント

へらたん様

うーん、量はピッタンコでしたね。私も、今日、1箱160サイズで梱包しましたが、隙間ができてしまいました。勿体ないな、と思いましたが、入れるものなかったので、エアークッションを一杯入れて蓋をしました。それでも11kgを超えました。ピッタリ量を合わせるのが難しいですね。カメさん、共演ありがとうございました。

Mr.MMF

Mr.MMFさん
こんにちは、

ぴったり1箱に収まったときは、自分でもビックリでした。残念ながらカメさんを入れるスペースが無くなってしまいましたが(笑)

今回は140サイズでした。
160サイズの箱って、けっこう大きいですよね。近所のホームセンターでは売ってませんでした。一番大きくて150サイズなんです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

へらた

Author:へらた
日本の物を米国のamazon.comで売る「amazon輸出」。このブログでは、amazon輸出で売れたものや、様々な体験を書いています。

メルマガ登録

このブログの内容を
メルマガでお届けします
まぐまぐ⇒amazon輸出でお小遣い

日米Amazon価格差ツール

Amazon輸出リサーチツール
日米Amazonの価格差で検索可能
詳しくは ⇒ こちら

管理人へメール

名前:
メール:
件名:
本文: