FC2ブログ

記事一覧

日本に返品する方法

せっかく売れたと思ったら、返品されてしまった・・・

FBAに返品された商品は、廃棄するか、日本に返却してもらいます。

今日は、その手順について、お話します。



米FBAに返品されて、再出品できない商品は、
「Unfulfillable」(販売不可)として、FBA倉庫に保管されています。
この販売不可の商品は、廃棄するか、日本に返却します。

amazon管理画面(Seller Central)の「INVENTORY」(在庫)メニューの
「Nanage FBA Inventory」(FBA在庫管理)の画面を開きます。

2015_01_12_1.jpg


「Unfulfillable」(販売不可)をクリックすると、
販売不可商品が検索されます。

該当商品の数字部分をクリックして、
「Submit」ボタンをクリックします。

2015_01_12_2.jpg


指定住所に返却したい場合(日本に転送したい場合)は、
「Ship To Address」(この住所に送る)を、

廃棄してほしい場合は、
「Dispose」(廃棄)を選択します。

2015_01_12_3.jpg


「Ship To Address」の場合は、米国内の住所を指定します。
つまり、輸入転送業者の米国内の住所を指定します。
スピアネットは、輸入転送もしているので、米スピアネットの住所を記入します。

「Dispose」の場合は、廃棄手数料が取られますが、
少額なので気にするほどではありません。
少額商品の場合、日本に転送する費用を考えると、
廃棄した方が安くなります。
なお、廃棄手続をしなくても、一定期間放置していると、
自動的に廃棄されます。


■ 輸入転送業者

日本に転送する場合は、米国内の輸入転送業者に送ります。
私が利用したことがある輸入転送業は、

(1)MyUS.com
http://www.myus.com/ja/home/

料金が安いという事で、利用者が多い転送業者です。
サイトもサポートは英語オンリーです。
月額基本料が必要です。


(2)スピアネット
http://www.spearnet-us.com/move/

サイトも、サポートも日本語なので安心して利用できます。
月額基本料が必要ないので使用頻度が少ない場合は、
MyUS.comより安いかもしれません。

それぞれの、利用方法や注意点は、
次回、詳しく書きたいと思います。


───────────────
■ Amazon輸出 無料セミナー
───────────────
先日ご紹介しました「Amazon輸出の無料セミナー」ですが、
なかなか良さそうな内容です。

セミナー内容をみますと・・・

・売れる商品を時間をかけずに見つける方法
・実際に1日に行っている作業を目の前で公開します
・初心者が稼げる秘訣と売れる商品をこっそり教えます
・利益率を10%あげる裏技テクニック公開
・売れる商品を時間をかけずに見つける方法


となっています。

そして、セミナーに来て頂いた方だけに
初心者が輸出転売で、

・売れる商品情報
・利益を10%上げる裏技
・初心者がいきなり高利益を出せる方法

のマル秘ノウハウをお教えてくれるようです。

こんなに有益な情報を、なぜ無料で教えてくれるのかな?

その理由も書いてありました。

『最後に少しだけお時間をいただき、
新しいサービスのご紹介をさせていただきますので、お楽しみにしていてください。
無理矢理なセールスではなく、あくまでもご紹介ですので、ご安心ください』

新しいサービスが何なのか、わかりませんが、
例えば転送サービスとかなら、利用してみたいです。


講師の「上田久美」さんは、私も名前は良く知っています。
プライスターUSを利用している方なら、知っていますよね。
米Amazonの売り上げがいつも上位での方です。
無在庫で、ここまで売り上げを伸ばすとは、素晴らしいです。
いったい、何を売っているんでしょう?

ご興味がある方は、ぜひ、ご参加ください。

⇒  【無在庫輸出転売セミナー(無料)】

開催地:東京、大阪
申込期間:~ 1月23日(金)23:59迄



────────────────
■このブログが参考になったと思われましたら、
 ぜひクリックをお願いします。
────────────────

今日は、何位かな↓↓

輸入・輸出ビジネス ブログランキング



────────────────
■ メルマガはここから、登録できます。
────────────────
このブログの内容をメルマガでもお届けしています。

まぐまぐ ⇒ amazon輸出でお小遣い





コメント

荷物の大きさについて

へらたんさん、こんにちはっ!
いつも役に立つ記事をありがとうございますv-10
今月の初めにへらたんさんのお陰で無事FBAに納品する事が出来ました。ありがとうございました!
FBAってやはり返品も多くなって来るんでしょうか? 販売不可になると悲しいですね…。

へらたんさんは160センチサイズで送られる事が多いとの事ですが、スピアネットのEMSだとMAXが150センチだと思うのですが、法人のサービスを利用されているのでしょうか?

Likaさん、
こんにちは、
コメントありがとうございます!

無事にFBA納品ができて良かったです。
私の場合、返品率は、約1%です。
売り上げが1%減るだけです。
たいして、気にしてません。

「EMSだとMAXが150センチ」って、
どこに書いてありましたか?

EMSは、重量制なので、大きさの
制限はないと思います。
ただし、amazonが受領するときの
サイズに制限があります。
160cmは、OKですよ。

私は法人サービスは利用していません。
正確に言いますと、スピアネットさんがEMSで送っているので、
スピアネットさんが法人サービスを利用しているかもしれません。

何かわからない事があれば、
いつでも連絡ください。

ではまた、

へらたん

返信ありがとうございます

早い返信ありがとうございますっv-10
こちらのサイトによると、EMSで送るので1.5m以内とあります。

https://spearnet-us.com/move/paypal.html#ems

特に法人契約などしなくても160センチ送れるという事なのですね。

Likaさん、

参照サイト、ありがとうございます。

制限は「最長辺」が1.5m以内ですね。
私が言った「160cmサイズ」とは、縦+横+奥行の合計です。
実際は、50cm + 50cm + 60cm くらいです。
よって、最長辺は、0.6mですので、問題ありません。
わかりずらくて、ごめんなさい。

あと、「最長辺+横周が2.75m以内」と書いているので、
私の表現ですと「275cmサイズ以内」となります。

へらたん

最長辺が1.5なのですねっ!!
なるほど!!
勘違いしていました!

EMSの輸出証明について

へらたん様
はじめまして。
いつも為になる情報をありがとうございます。更新をいつも楽しみにしております。
へらたん様の情報をもとに輸出を始めようと思うのですが、消費税の還付等で輸出証明が必要になってくると思うのですがスピアネットは発送したEMSの控えをこちらに送っていただけるのでしょうか?画面からわからなかったのでご質問させていただきました。お手すきの際にご回答いただければ助かります。

アキさん
こんにちは、

コメントありがとうございます。

消費税の還付は、私も初めてですので、詳しくはわかりません。

確かに輸出したという証拠ということで、
スピアネットさんに送った国内宅配便の伝票、
同梱した、出荷商品一覧、
米国FBA納品画面(商品一覧)を、
保管する予定です。

これらは、他の領収書と同様、還付申請の時には、
提出する必要はないのですが、保管義務があります。
万が一、税務調査が入ったら、証拠として見せるためです。

へらたん

へらたんさん

ご回答ありがとうございます。
その後調べまして20万円を超えない輸出に関しては輸出証明は必要なくインボイスや販売帳簿等でOKみたいです。
これで安心して輸出に取り掛かれます。
ありがとうございました。

アキさん、
こんにちは!

輸出証明について調べてくれて、ありがとうございます。
なるほど、そういう事だったんですね。
私の場合、どうがんばっても1箱で20万円は超えないので、
余裕で安心です(笑)

いよいよ、輸出デビューですね。
陰ながら応援します!

では、また遊びに来てください。

へらたん

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

へらた

Author:へらた
日本の物を米国のamazon.comで売る「amazon輸出」。このブログでは、amazon輸出で売れたものや、様々な体験を書いています。

メルマガ登録

このブログの内容を
メルマガでお届けします
まぐまぐ⇒amazon輸出でお小遣い

日米Amazon価格差ツール

Amazon輸出リサーチツール
日米Amazonの価格差で検索可能
詳しくは ⇒ こちら

管理人へメール

名前:
メール:
件名:
本文: