FC2ブログ

記事一覧

EMS料金15%OFFの米国FBA転送業者を使ってみた

EMS料金が15%OFFの「直箱.com」を使って、米国FBAに配送してみました。

直箱.comは、スピアネットと同様に、日本郵便のEMSを使って送ります。

このため、どちらも、次の経路で納品されます。

 自宅 ⇒ 国内事業所 ⇒ 米国事業所 ⇒ 米国FBA


途中を経由するので、DHLやUPSの直送サービスより遅いですが、
重量料金なので、軽くて大きい荷物を安く送れるんです。


実際に利用してみて、直箱.comとスピアネットを比較してみました。

■配送スピードの比較

[直箱.com]

・木曜に発送した場合

10月29日(木):自宅発送(埼玉)
10月30日(金):直箱.com着(東京)
11月01日(日):国際交換局から発送(東京)
11月02日(月):サンフランシスコ空港到着
11月03日(火):直箱.com着(USA)
11月05日(木):米FBA到着
11月06日(金):米FBA受領完了

自宅を出て、FBA受領完了まで、8日かかりました。


・日曜に発送した場合

11月01日(日):自宅発送(埼玉)
11月02日(月):直箱.com着(東京)
11月04日(水):国際交換局から発送(東京)
11月04日(水):サンフランシスコ空港到着
11月06日(金):直箱.com着(USA)
11月10日(木):米FBA到着
11月11日(金):米FBA受領完了

自宅を出て、FBA受領完了まで、10日かかりました。

[スピアネット]

木曜:自宅発送 ⇒ 水曜 FBA受領完了
日曜:自宅発送 ⇒ 土曜 FBA受領完了

自宅を出て、FBA受領完了まで、6日でした。

よって、直箱.comの方が、2~4日遅く到着しました。


■なぜスピアネットは早いのか?

これは、「事業所の場所」の違いが大きく左右されると思います。

[直箱.com]
・東京発 ⇒ サンフランシスコ(混んでいる?)
・米国事業所が、納品先FBAから遠い

[スピアネット]
・大阪発 ⇒ ニューヨーク(空いている?)
・米国事業所が、納品先FBAに近い


■料金比較
重さ10.9Kg、約160cmサイズ

[直箱.com]
・EMS:12,835円(15%引き)
・EMS保険:0円
・手数料:500円
・米国UPS:$8.28(994円)
・国内 778円(埼玉→東京)
----------------------------
 合計 15,106円


[スピアネット]
・EMS:14,345円(5%引き)
・EMS保険:100円
・手数料:1,000円
・米国UPS:$7.25(870円)
・国内 950円(埼玉→大阪)
----------------------------
 合計 17,265円



よって、「直箱.com」の方が、「2,159円」安くなりました。

でも、別途月会費が必要です。
・6か月間会費 36,800円(1ヶ月当たり:6133円)

会費は、月に3箱送れば、ペイですね。


■使い勝手

配送手順は、直箱.comもスピアネットも、基本的には同じですが、

直箱.comだと以下の手間が増えます。

・EMSの送り状作成を自分で行う
 日本郵便のマイページサービスというサイトで入力して、印刷、サインする。

・米Amazon配送サービス(UPS送り状とAmazon納品書)を、出荷する箱の横に貼る。

・出荷したら「荷物を送りました」というメールを出す。

・自分で支払サイトにアクセスして、Paypalで料金を支払う。

という事で、約30分程度の作業の手間が増えます(汗)


■マイページサービス利用の注意

・商品数が99までしか登録できない。
・INVOICEには20商品しか登録できない。

よって毎回、前回登録した商品を削除してから、新規登録する
全部で20商品に収まるように、適当にまとめて書く。
(色違いの商品は、1種類として書くなど)


■ 総評

・安さを選ぶなら、直箱.com
・速さを選ぶなら、スピアネット

ということですね。


━━━━━━━━━━
売れた物紹介(米国)
━━━━━━━━━━
米国AmazonのFBAで売れた物です。
(1ドル=123円)

今回は美少女フィギュアではありません。
でもマニアは、関連商品を集めたくなるもんです。
好きな物に囲まれる喜び・・・。
まあ、私には関係ないですけどね(汗)

・仕入:780円(amazon)
・売値:19.88ドル(2,445円)
・入金:13.58ドル(1,670円)
・利益:890円

この商品です。
⇒ (メルマガで公開)

いまなら、在庫2個あります。
ご興味ある方は、お早目にどうぞ。



────────────────
■このブログが参考になったと思われましたら、
 ぜひクリックをお願いします。
────────────────

今日は、何位かな↓↓

輸入・輸出ビジネス ブログランキング


────────────────
■ メルマガはここから、登録できます。
────────────────
このブログの内容をメルマガでもお届けしています。

まぐまぐ ⇒ amazon輸出でお小遣い


────────────────

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

へらた

Author:へらた
日本の物を米国のamazon.comで売る「amazon輸出」。このブログでは、amazon輸出で売れたものや、様々な体験を書いています。

メルマガ登録

このブログの内容を
メルマガでお届けします
まぐまぐ⇒amazon輸出でお小遣い

日米Amazon価格差ツール

Amazon輸出リサーチツール
日米Amazonの価格差で検索可能
詳しくは ⇒ こちら

管理人へメール

名前:
メール:
件名:
本文: