FC2ブログ

記事一覧

玉助さんの輸出セミナーに参加しました

昨日、玉助さん主催の
Amazon輸出のセミナーに行ってきました。

ご本人に撮影許可をもらったので、写真をアップします。

20160514_2.jpg



セミナーは、3部作で行われました。

1.国内せどり
2.米国Amazon輸出
3.欧州Amazon輸出



1:国内せどり
講師:マエダさん

新品、店舗せどりで、おもちゃ、ホビー、家電を仕入れています。
仕入先は、ヤマダ、エディオン、イオンなど、普通のお店です。

講師の得意とするのは、ワゴンセールではなくて、
通常棚からの仕入れが90%ということです。

通常棚に並んでいる、値下げ品、レジ落とし、プレ値を
仕入れるとのことです。

イオンモールによくある、○○○でお宝発見の話がありました。
私も、早速探してみたいと思います。



2.米国Amazon輸出
講師:玉助さん

玉助さんは、無在庫出品です。
今回は「玉助式無在庫販売のノウハウ」の説明がありました。

米国Amazonは、出品者が多くて、薄利多売の状態です。
しかし、玉助さんの出品方法は、利益が出ています。

なるほど、無在庫出品って、そうやって儲けていいたんですね。

玉助さんに「セミナーの内容は、ブログで公開したらダメですよね?」と聞いたら、

「いや、全然いいですよ。他にも沢山ノウハウありますから」と言ってくれました。

ということで、セミナー内容は、後日詳しくお伝えしますね!



3.欧州Amazon輸出
講師:丸山さん

金城さんの教材を購入して、無在庫販売を始めたとのことです。
米国と欧州の、それぞれのメリット・デメリットの話がありました。

欧州で、FBAを利用するためには、
VAT登録番号(日本でいう消費税納税事業者)が必要であり、
これを取得するコストを考えると、
あまりメリットがないとの説明もありました。

欧州なら、やはり無在庫です。
利益率が、米国より良いそうですよ。


・番外編

玉助さんから、独自開発のツールの説明がありました。
実は、玉助さんって、自己紹介で言ってましたが、
プログラミング会社に就職していたんですね。

今回3つのツールの紹介があったのですが、
そのひとつが、店舗で商品スキャンすると、
日本と米国の価格がわかるとういスマフォのアプリです。

日米どちらに出品したほうが儲かるかすぐにわかるので、
国内と輸出の両方に出品しているセラーには、
重宝しますね。



最後に、玉助さんから、今回の無料セミナーの
趣旨の説明がありましたが、目指すところは

・国内と輸出で、幅広く販売する
・利益率、利益額が大きい商品の販売をする


これって、私のコンセプトと同じです。
早く、玉助さんのツール、使ってみたいです。



そうそう、玉助さんも、Amazon輸出とeBay輸出を
組み合わせて利益を上げているという話もありました。

Amazon輸出とeBay輸出は、相性が良いんですね。

と、この流れで、すいません(汗)

 ↓ ↓ ↓

──────────
■ eBay輸出のご案内
──────────

この、ebay輸出の教材は、

これからeBayを始めたい人や、
まだ始めたばかりの初心者向けです。

仕入れ資金が不要な、
無在庫販売も説明しています。

この教材は、特典が魅力なので、
購入を検討中の方は、お早めにどうぞ。

詳しくは、こちらを御覧ください。

ebay輸出バイブル

特典1:儲かるamiiboの見つけ方(Amazon輸出

特典2:3つのコミュニティご招待 

(1)国内せどりのコミュニティご招待
(2)Amazon輸出のコミュニティご招待
(3)eBay輸出のコミュニティご招待

特典のご案内は、こちらです

儲かるamiiboの見つけ方他、特典を見る


ではまた!



────────────────
■ メルマガはここから、登録できます。
────────────────

このブログの内容をメルマガでもお届けしています。

まぐまぐ ⇒ amazon輸出でお小遣い



────────────────
■ 輸入・輸出ビジネスのブログ
────────────────

ここから、ご覧いただけます。

  ↓ ↓ ↓


輸入・輸出ビジネス ブログランキング

────────────────


コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

へらた

Author:へらた
日本の物を米国のamazon.comで売る「amazon輸出」。このブログでは、amazon輸出で売れたものや、様々な体験を書いています。

メルマガ登録

このブログの内容を
メルマガでお届けします
まぐまぐ⇒amazon輸出でお小遣い

日米Amazon価格差ツール

Amazon輸出リサーチツール
日米Amazonの価格差で検索可能
詳しくは ⇒ こちら

管理人へメール

名前:
メール:
件名:
本文: