FC2ブログ

記事一覧

amazon輸出の海外配送方法

私は主に米国amazonでFBAに出品していますが、自己配送もしています。
今日は私が自己配送で使用している方法を紹介します。

まず、海外向けの配送方法で有名なのは、EMSとSALがあります。どちらも郵便局から出すことができます。

それぞれの特徴は次の通りです。

SAL(小形包装物)

・料金が安いが、配達が遅い。
・大きさ&重さに制限がある。(箱の3辺合計が90cm以内。最大2Kg)
・追跡サービス(書留)は、オプション。損害賠償は書留の場合で最大6000円。

EMS(国際スピード郵便)

・料金は高いが、配達が早い。
・大きさ&重さの制限が少ない。(最大30Kg)
・追跡サービスと損害賠償(2万円)が付いている。損害賠償はオプションで200万円まで可。


しかし、私はEMSもSALも使いません。

私は、海外配送するときは、お客様も事を考えて「配送が早いこと。追跡サービルは必須。損害賠償も付ける」をモットーにしています。ですので、SALは絶対に使いません。EMSは良いサービスですが料金が高くなります。


私が良く使うのは「国際eパケット」です。
国際eパケットは、SALとEMSの中間みたいなサービスで、郵便局から送れます。
(大きいものや高額な商品はEMSを使用します)

国際eパケット

・配達はSALより早く、EMSより遅い。遅いと言っても米国なら1週間かからない。
・料金はSALより高く、EMSより安い。
・追跡サービス付き。
・損害賠償付き(最大6000円)
・大きさ&重さの制限はSALと同じ。
・パソコン&プリンタが必要。配送票を自分でプリントする。


さて、昨日、amazon輸出で売れたものを紹介します。

仕入れ → 売値:カテゴリ(回転日数)
(1) 355円 → 11.00ドル:おもちゃ(26日)
(2) 355円 → 12.95ドル:おもちゃ(34日)
(3) 2,299円 → 39.99ドル:CD(2日)
(4) 3,800円 → 69.75ドル:CD(1日)
(5) 2,080円 → 43.74ドル:フィギュア(21日)


(1)と(2)は同じ物です。FBA出品者が増えてなかなか売れなかった商品です。でも1個売れたので、ちょっと値上げしたみたら、2個目もちゃんと売れました。あまり価格を下げる必要がなかったと反省してます。

(3)と(4)は○○○のCDです。こんなに直ぐに売れるとはビックリでした。

(5)は、いつもの「ねんどろいど」です。定番です(笑)


P.S.ブログランキングへ登録しています。ぜひご覧ください。
輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

購入者様へ

「小資金輸出転売マニュアル」ですが、既に販売を終了しており、ダウンロードできない状態になっています。しかし、ご購入後14日以内はダウンロード可能なはずですので、インフォトップに問い合わせてみます。
もし、私の特典のみダウンロードしたい場合は、メールで送りますので、連絡先のメールアドレスを「管理人のみ閲覧」でコメントして教えてください。宜しくお願いします。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

へらた

Author:へらた
日本の物を米国のamazon.comで売る「amazon輸出」。このブログでは、amazon輸出で売れたものや、様々な体験を書いています。

メルマガ登録

このブログの内容を
メルマガでお届けします
まぐまぐ⇒amazon輸出でお小遣い

日米Amazon価格差ツール

Amazon輸出リサーチツール
日米Amazonの価格差で検索可能
詳しくは ⇒ こちら

管理人へメール

名前:
メール:
件名:
本文: