FC2ブログ

記事一覧

売れ残りは、保管手数料が取られます。

夕食が、鶏のから揚げとサラダでした。
なぜか、サラダが2種類と、野菜のお浸し、スープも野菜スープです。

私:「今日は、野菜ばっかりだね~」
妻:「・・・・」

(沈黙・・・)

(5分後)

妻:「野菜じゃなくて、何が良かったのかしら!」
私:「え、、いえいえ、野菜で良いです(汗)」

この「沈黙」って、怖いですよね。
あとから、ジワーと来ます。




さて、今日は、あとからジワーと来る
Amazonの手数料の話題です。



米国Amazonから、下記の様なメールが来ました。


タイトル:
『Reminder: Long-Term Storage Fee Assessment Occurs on February 15』
(長期在庫保管手数料が、2月15日に課金されます)



これは、FBA出品者向けです。
FBAの倉庫に、長期間保管されている在庫に、
保管手数料が課金されるという内容です。


毎年2月と8月に請求されます。
(米国、日本とも同じ)


長期保管手数料は、
・6ヶ月以上、12ヶ月未満は、1cubic footあたり、11.25ドル
・12ヶ月以上は、1cubic footあたり、22.50ドル

です・・・。


と言っても「1cubic foot」が、どれくらいの大きさかわかりません(汗)


各商品ごとの、実際に課金される、
およその料金は、Celler centralを見るとわかります。

手順:

(1)Celler centralの[INVENTORY]タブから、[Inventory Planning]を選択します。

(2) [Inventory Dashboard]が表示されます。

(3) [FBA Inventory Age]の表示があるので、クリックすると、商品一覧が出ます。

(4)どの商品が長期間売れ残っていて、保管手数料がいくらかかるのかにわかります。


20170112_1.jpg



保管手数料が取られるくらいなら、
削除依頼をした方が、良いかもしれません。


削除依頼は、2017年2月15日までに行う必要があります。


でも、削除したら、その商品は、
2017年7月1日まで追加納品できません。


あとから「売れそう」と思っても、
納品できないということです。



─────────
■ 売れた物紹介
─────────

米国Amazonで売れた物を紹介します。
FBA出品です。
(1ドル=114円)

いきなりですが、
これです⇒ (メルマガで公開

・仕入:1,382円
・売値:29.90ドル(3,408円)
・入金:22.03ドル(2,511円)
・利益:1,129円


これ、一見すると、見たことないかもしれませんが、
世界に誇る、日本の○○○シリーズです!

誰でも知っている○○○を、横展開すると、
こういう商品も見つけられます。

私も出品中なので、商品名はご勘弁を。


今なら、日本Amazonで仕入できます。
ヨドバシやビックカメラのネットショップでも売っていますよ!



P.S. ツールを使うと、こういった横展開のリサーチが、一瞬で出来ますよ!

この商品は、○○○で検索したら、上から14番目に出てきました。

ツール使用例



ではまた!



────────────────
■ 輸入・輸出ビジネスのブログ
────────────────

ここから、ご覧いただけます。

  ↓ ↓ ↓


輸入・輸出ビジネス ブログランキング




────────────────
■ メルマガはここから、登録できます。
────────────────

このブログの内容をメルマガでもお届けしています。

まぐまぐ ⇒ amazon輸出でお小遣い


────────────────


コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

へらた

Author:へらた
日本の物を米国のamazon.comで売る「amazon輸出」。このブログでは、amazon輸出で売れたものや、様々な体験を書いています。

メルマガ登録

このブログの内容を
メルマガでお届けします
まぐまぐ⇒amazon輸出でお小遣い

日米Amazon価格差ツール

Amazon輸出リサーチツール
日米Amazonの価格差で検索可能
詳しくは ⇒ こちら

管理人へメール

名前:
メール:
件名:
本文: