FC2ブログ

記事一覧

Amazon輸出を始めるために:アカウント取得から、出品、納品までの流れ

今日も妻は、朝から行方不明です。

お昼にLINEで写真が送られてきました。

写真⇒ (メルマガで公開



どこに行ってたかと思ったら、
お花見でしたー!

何で誘ってくれないの~(涙)

ということで、今日の夕食は、
愛情たっぷりのカレーです。




さて、LINEと言えば、

玉助さんのAmazon輸出の教材を
購入していただいた方を対象に、
LINEグループを始めました!



このLINEグループは、
教材や特典の内容についての質問はもちろん、
日々の活動を、お互いにつぶやくことで、
継続して実行していただく環境を、
提供しています。



まだ、参加していない方は、
購入特典のメールをご確認の上、
ぜひ、参加申請してくださいね。



そのLINEグループでも書いたのですが、

Amazon輸出を始めるまでの流れ
あらためて、簡単に説明します。



■ 米国Amazonのアカウントを取得

米国Amazonのアカウントを取得するためには、
クレジットカードと、米国の銀行口座が必要です。

クレジットカードは、MC,VISAなら、問題ないです。
JACSSや、JCBは海外利用でうるさいので、
避けた方が無難です。


米国Amazonも月額料金が必要な「大口」と、
月額無料の「小口」があります。

まだ出品する予定がないなら「小口」でかまいません。
いつでも大口に変更できます。



■ 米国の入金口座を開設

米国の銀行口座は、ペイオニアが有名です。
他に、WorldFirstもあります。
それぞれ、振り込み手数料が違うのですが、
最初は気にする必要はありません。


■ 出品

ここまで出来たら、あとは出品するだけです。

日本Amazonで出品経験があれば、
出品手続きは同じなので、簡単に出来ます。



■ FBA納品

最初は、FBA出品がお勧めです。
単価が安くて、良く売れるものを出品します。



■ FBA転送業者

米国FBAへは、転送業者を使います。

教材の特典のDHL代行業者でも良いですし、
月額料金が無料のスピアネットでもかまいません。

発送する荷物の量が多くなった場合、
または、文房具のような小さくて重い物を沢山送りたい場合は、
DHLを使うと、安くなります。

Amiiboやフィギュアなど、大きくて軽い物は、
EMS(スピアネット)で送ると、安くなります。


140cmサイズ(60cm x 40cm x 40cm)の箱だと、

・11Kg以下ならEMS
・11Kg以上ならDHL

が安くなります。



■ 販売

FBA出品なら、売れたらAmazonが発送してくれるので、
あとは、入金を待つだけです。




と、いう流れです。

簡単でしょう?



でも、輸出できない物や、知的財産権や出品規制とか、
細かい注意点は、沢山あります。
Amazonのルールも、時々変更になります。


一人でやると、そういう情報が入ってきません。


ですから、何らかのスクールやSNSに参加することを、
お勧めします。


Amazon輸出は一人でやらない方が良いですよ!



せめて、このメルマガだけは、
継続して購読してくださいね。



そして、出来ればお便りもください。


メルマガを発行するハゲミになります。


「ハゲだけにね」


と、息子が突っ込んできました(笑)




ではまた!



────────────────
■ 輸入・輸出ビジネスのブログ
────────────────

ここから、ご覧いただけます。

  ↓ ↓ ↓


輸入・輸出ビジネス ブログランキング




────────────────
■ メルマガはここから、登録できます。
────────────────

このブログの内容をメルマガでもお届けしています。

まぐまぐ ⇒ amazon輸出でお小遣い


────────────────

コメント

へらたさん、こんにちは。
Amazon輸出って手順自体は簡単なのですね。
でも、やはり情報を集めておかないとルール変更のときに
対応ができないので1人でやらないほうがいいんですね。
なんでも1人でやると情報がつかめないのですね。

蒼士さん、こんにちは。
Amazon輸出は、初めは難しそうに思うかもしれませんが、実際にやってみると簡単ですよ。ご興味あったら、ぜひチャレンジしてください。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

へらた

Author:へらた
日本の物を米国のamazon.comで売る「amazon輸出」。このブログでは、amazon輸出で売れたものや、様々な体験を書いています。

メルマガ登録

このブログの内容を
メルマガでお届けします
まぐまぐ⇒amazon輸出でお小遣い

日米Amazon価格差ツール

Amazon輸出リサーチツール
日米Amazonの価格差で検索可能
詳しくは ⇒ こちら

管理人へメール

名前:
メール:
件名:
本文: