FC2ブログ

記事一覧

Amazon輸出の通関が厳しくなるかも!?

こんにちは、
へらた です。


今年の夏は、暑かったですね~。



暑い季節は、冷たい物が食べたくなりますよね。

我が家は、お昼に「ざるそば」を食べる事が多いです。



私は、ざるそばに、とろろと生卵をいれるのが好きなんですが、
生卵を入れようとしたら、ちょっとこぼしてしまいました。

そこで、妻に見つからないよう、そっとティッシュで拭いたのですが、

なんで、こぼすのよー!」と、速攻で怒られてしまいました(涙)

妻の目は厳しいです・・・。




さて、厳しいと言えば、輸出の通関も厳しくなってきたようです。



最近、私のチャットグループで、関税の話題が良く出てきます。
通関で止まったとか、関税がかかったとか、いろいろ・・・。

・通関で「内容物のより詳細な説明を提出する必要があります」と止まっている。
・9月になると、Amazon納品の通関が厳しくなるらしい。
・インポーターは資格を持った人以外は認められなくなるらしい。
・通関が面倒なものは、EMSで送った方が良いかも。
・代行業者から「関税」の請求が来た。
・など、



いままでは、米国にクーリエ(FedEx、DHL)で送る場合、
インボイスの合計金額が800ドル以下は、課税対象にならなりませんでした。

それが、最近は、厳しくなったみたいです。

(EMSの場合は、20万円以下は、課税対象になりません)



先日、私が利用している代行会社さんから、請求書が来ました。

「課税されているかな・・・?」

と、ドキドキしながら請求書を見たら、

関税はありませんでした。よかった~。



私は、1箱で800ド以下に抑えて送るようにしていたんです。

800ドルを超えそうなときは、翌日に分けて送るとか、
EMSで送るとか、してました。



ちなみに、ここはFedExとDHLが使えますが、
私は料金の安いFedExを使ってます。

運賃は、1箱で容積重量:22.0Kgが、
サーチャージ込で12,330円(+手数料 税込1,620円)でした。

この値段は、安いと思いますよ。
業界最安値かも(へらた調べ)



────────
■ 仕入れた物紹介
────────

最近、実際に仕入れた商品を紹介します。
売り先は、米国Amazonで、FBA出品です。



米国Amazonでは、ベイブレートも人気です。

日本Amazonはもちろん、実店舗や、ネットショップでも購入出来ますが、
人気商品なので、購入制限があったり、すぐに売り切れたりします。



私はネットの問屋さんから仕入れていますが、
さすがに、問屋さんでも、入荷数が少ないです。

それでも、ケース単位で仕入が出来ます。



先日、実際に仕入れた商品はコレです。

仕入れ画像⇒ (メルマガで公開

・仕入:1,159円
・売値予定:24.34ドル(2,677円)
・見込利益:760円
(1ドル=110円)



FBA納品送料は、1個当たり約130円です。
実利益は630円なので、24個で利益15,120円になります。

この商品です。
⇒ (メルマガで公開



ではまた!




ブログランキング、ポチッと応援お願いします。

  ↓ ↓ ↓


輸入・輸出ビジネス ブログランキング





────────────────
■ メルマガはここから、登録できます。
────────────────

このブログの内容をメルマガでもお届けしています。

まぐまぐ ⇒ amazon輸出でお小遣い


────────────────

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

へらた

Author:へらた
日本の物を米国のamazon.comで売る「amazon輸出」。このブログでは、amazon輸出で売れたものや、様々な体験を書いています。

メルマガ登録

このブログの内容を
メルマガでお届けします
まぐまぐ⇒amazon輸出でお小遣い

日米Amazon価格差ツール

Amazon輸出リサーチツール
日米Amazonの価格差で検索可能
詳しくは ⇒ こちら

管理人へメール

名前:
メール:
件名:
本文: