FC2ブログ

記事一覧

売れそうな物紹介、と、FBA納品先集約サービス

こんにちは、
へらた です。

久し振りに、自己紹介をしたいと思います。

へらた 」って、変な名前ですよね。
本名ではありません。
あだ名です。(ですよね~)


昔、かれこれ20年前の話ですが、ヘラブナ釣りをしていた時に、
本名の「○田」をもじって「へら田」と名乗って、
ヘラブナ釣りの、ブログやメルマガを書いていたんです。

・20年前の「へらた」の写真
PIC0228.jpg


そういう訳で、今でも「へらた」という名前を使っていると言う訳です。
「ヘラブナ釣り」の「へらた」と覚えてくださいね。



■ FBA納品先集約サービス

私のチャットグループで「納品先集約サービス」について
話題になりました。


「納品先集約サービス」とは、FBA倉庫に納品するときに、
「送付先を1か所にする」という設定です。


これを設定していないと、納品先が複数に分かれてしまうので、
米国に発送する送料が割高になってしまいます。

FBA出品するときには、必ず設定しておきましょう。



【納品先集約サービスの設定手順】

・セラセン画面の右上にある[設定]メニューから[FBAの設定]を選択
・[入荷設定]の[納品先集約オプション]にある、「納品先集約サービス」を選択


で、チャットグループで話題になったのは、
このサービスを使うと「手数料が取られた~」という事です。


もともと、これは有料サービスなので、1点につき0.3ドル(約30円)が課金されます。
(ペイメントから自動的に引かれるので特に何もしないで良いです)

でも、いままで気が付かなかったとの事です。


【納品先集約サービスの手数料の確認】

・[レポート] ⇒ [ペイメント]の画面を開く
・[販売手数料 FBA手数料]の項目の金額欄をクリックする
・手数料の内訳が見れます。「納品先集約サービス」という項目です。

20181024_01.jpg




ですが、


最近は、FBA納品設定の画面で、
この手数料が表示されるようになりました。

20181024.jpg




上記画像に、「納品先集約」の金額が表示されてます。

1個につき0.3ドルなので、36個だと10.8ドルのはずですが、
なぜか、11.50ドルと表示されています。

消費税込みの料金なのでしょかね?



いづれにせよ、FBA出品で低価格商品を薄利多売する場合は、
「納品先集約サービス」の手数料も考慮して、利益計算をする必要があります。



───────────
■ 売れそうな物紹介
───────────

私は、ホビー関係の出品が多いのですが、
今日は、それ以外のカテゴリをリサーチしてみました。
(1ドル=112円)


「ホーム&キッチン」です。

米国Amazon:$23.99(2,686円)
⇒ (メルマガで公開

日本Amazon:1,200円
⇒ (メルマガで公開

でも、こっちの方が安いですし、ポイントも付きます
 ↓ ↓
楽天市場:1,008円
⇒ (メルマガで公開
(5,880円以上で日本全国送料無料)


ではまた!



ブログランキング、ポチッと応援お願いします。

  ↓ ↓ ↓


輸入・輸出ビジネス ブログランキング





────────────────
■ メルマガはここから、登録できます。
────────────────

このブログの内容をメルマガでもお届けしています。

まぐまぐ ⇒ amazon輸出でお小遣い


────────────────

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

へらた

Author:へらた
日本の物を米国のamazon.comで売る「amazon輸出」。このブログでは、amazon輸出で売れたものや、様々な体験を書いています。

メルマガ登録

このブログの内容を
メルマガでお届けします
まぐまぐ⇒amazon輸出でお小遣い

日米Amazon価格差ツール

Amazon輸出リサーチツール
日米Amazonの価格差で検索可能
詳しくは ⇒ こちら

管理人へメール

名前:
メール:
件名:
本文: