FC2ブログ

記事一覧

スピアネットの米FBA転送サービス

先日のブログで、米FBAの転送サービスの事を書きましたが、
業者名は、隠すほどのこともないので、公表しますね。

今回利用した業者は、スピアネットです。
=> http://www.spearnet-us.com/move/fba.html

スピアネットを知っている方は多いと思いますが、
本業は米国から日本への転送サービス会社です。
米国で購入したものを、日本に転送してくれます。
米国の会社ですが、サイトもサポートも全て日本語でOKです。
私もamazon輸入で利用していました。

さて、今回は、実際に使ってみて、次のような事を確かめようと思っています。

・日本から何日で米国に着くか、
・スピアネットは何日で発送してくれるか、
・米国内の配送料は何ドルになるか、
・何日で米FBAに到着するか、
・結局、何円かかったのか、

今回出品するのは、○○○です。
本当は、何個かまとめて送った方が割安ですが、
今回は、実験という事で、まずは1個だけ送りました。

=> 詳細は、メルマガで公開予定。


●配送は国際eパケットを使用しました。

日本郵便のサイト
=> http://www.post.japanpost.jp/lpo/epacket/

郵便局から海外に送るときは、EMSかSALを使うのが一般的です。

EMSは早くて、保障もしっかりしていますが、送料が高くなります。
SALは、配送が遅く、保障も6000円までです(書留の場合)
SALだと米国まで、約2週間かかります。

私が使ったのは、国際eパケットです。
EMSより安く、SALより早いです。

欠点は、SALと同様に、箱のサイズに制限があることぐらいです。
箱は、縦+横+幅の合計が90cm以内、重さは2Kg以下です。

国際eパケットを利用するためには、「国際郵便マイページサービス」に
登録します。

事前に自宅のパソコンから、配送の登録をして、
配送伝票を印刷してから、郵便局にもって行きます。

なお、配送伝票を入れるための、専用パウチが必要です。
これは、事前に、もらっておかないといけません。
専用パウチは、「国際郵便マイページサービス」で申し込めます。


────────────────────
■ 売れたもの紹介
────────────────────

では、昨日、amazon輸出で売れたものを紹介します。

仕入れ → 売値:カテゴリ(回転日数)
(1)1,649円 → 65.98ドル:DVD(90日)
(2)4,193円 → 75.99ドル:フィギュア(4日)

(1)は、女性シンガーのライブDVDです。
これを購入してくれた人は、今回で5回目の購入です。
この女性シンガーのファンとのことです。
このDVDは定価5500円ですが、某ネットショップで
70%OFFで売っていたので、安く仕入れられました。
買った方には申し訳ないですが、
しっかり儲けさせてもらいました(笑)

(2)は、またまた○○○です。(メルマガで公開予定)
この商品は、amazonでもヨドバシでも売っているので、
また仕入れてFBAへ発送しました。


───
最後に
───
いつもご覧頂き、ありがとうございます。
参考になりましたでしょか?
良かったら、クリックして応援よろしくお願いします。
=> 輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ


コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

へらた

Author:へらた
日本の物を米国のamazon.comで売る「amazon輸出」。このブログでは、amazon輸出で売れたものや、様々な体験を書いています。

メルマガ登録

このブログの内容を
メルマガでお届けします
まぐまぐ⇒amazon輸出でお小遣い

日米Amazon価格差ツール

Amazon輸出リサーチツール
日米Amazonの価格差で検索可能
詳しくは ⇒ こちら

管理人へメール

名前:
メール:
件名:
本文: